歌声に影響大!!歌う前のウォーミングアップ講座

これから歌やボイストレーニングを本格的に始めてみようとする方はもちろん、歌を楽しんでいきたいな~と思う人にとってもウォーミングアップはとても重要になってきます。

歌う前にウォーミングアップをする事によって、声の出が格段に変わりますし、声帯を傷める可能性も軽減する事ができます

今回の動画講座では、とても重要なウォーミングアップに関して、小室と宇野、2人のボイストレーナーがどのように考えているか。

また、具体的にどのような事をしているのかを話していますのでぜひご覧ください!

動画内で紹介している動画講座はこちらになります。

これからボイストレーニングを頑張っていく人達への喉のケア講座

ウォーミングアップ講座のポイント

  • 歌もスポーツと同じで筋肉を活用する分ウォーミングアップはとても重要になる
  • 宇野さんの場合は声を出すウォーミングアップの他に、表情筋をほぐしたり、体を動かすウォーミングアップも行っている(詳しくは動画講座参照)
  • 小室さんの場合は声帯に負担をかけない発声から始め、徐々に声帯の閉鎖を強めていくウォーミングアップを行っている(詳しくは動画講座参照)

ウォーミングアップ講座で話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさん、こんにちは!

ボイストレーナーの小室と宇野です。

【小室】:今回の対談形式の動画講座ですが、以前ご紹介した動画講座「これからボイストレーニングを頑張っていく人達への喉のケア講座」でも少しお話しさせていただいた、「ウォーミングアップの重要性」と「私たちが実際にどれぐらいの時間、どんなウォーミングアップをしているのか」という点や「ウォーミングアップをする上での注意点」などをお話しさせていただこうと思います。

ウォーミングアップはとても重要ですよね。

【宇野】:重要ですね!

【小室】:プロの野球選手などでも「肩を作る」とかよく言うじゃないですか。

最初から全速力で球を投げずに、ある程度投げてから徐々に球の速度を上げていくみたいな。

あのような感覚は歌でもありますよね。

【宇野】:ありますね。

やっぱり歌もスポーツと同じで、筋肉を活用するので、やっぱりウォーミングアップは必要な事だと思います

【小室】:ウォーミングアップするのとしないのとでは、声の出が違ってきますよね。

【宇野】:そうですね、でも中にはウォーミングアップをしなくても何とかなる方もいらっしゃいますよね。

何にもなくても歌える人もいれば、逆にウォーミングアップをやりすぎて喉を枯らしちゃったりする人もいますよね。

【小室】:そうですね、個人差はあったりしますよね。

さて、ウォーミングアップとい言えば、宇野さんはどんな事されてます?

【宇野】:僕は、普段ボイストレーニングを生徒さんに行う前などはリップロールをやったりタングロールを主体にしながら、このwebサイトに掲載してあるボイストレーニング動画などのような、音程に合わせて「ガギグゲゴ」や「アイウエオ」などの言葉で発声したり、音を飛ばしながら発声してみたりいろんな声の出し方をやっています。

【小室】:そうですよね、「ウォーミングアップの重要性」という風に構えて動画講座をすると、「いつも紹介しているボイストレーニングとは別の事をしないといけないんじゃないか?」という風に思われるかもしれませんが、動画で紹介しているボイストレーニングを組み合わせて行っていただいてもウォーミングアップになりますよね

【宇野】:そうですよね

特に声帯トレーニング関連では、声帯の形など特別意識をしなくても子音と母音の組み合わせで声帯や声帯に関連する筋肉を適切な形にナビゲートしてくれるのを紹介しているじゃないですか。

まだ、色々と動画では上げきれていないものもありますが。

それを使いながらウォーミングアップをするといいですよね。

まあ、僕の場合は「この日にこういう風に決めてやらないといけないだとか」「30分かけてこれをやろう」という風にメニューを決めてやるのが苦手なので、その日の自分の状態に合わせて臨機応変にやっていますね

例えば「バビブベボ」とか「ガギグゲゴ」とか「ザジズゼゾ」とか、声帯を開いてみたりとか閉じてみたりとか。

後は表情筋のウォーミングアップをしますね

表情筋をしっかり動かしてあげる事とかを主体にしていますね。

【小室】:では、「毎回30分これをやる」とか決め打ちせずに、その日の声帯の調子などに合わせてウォーミングアップをするという感じですかね。

少なくてもどれぐらいの時間はしますか?

【宇野】:まあ、少なくても15分、20分ぐらいはしますかね~

逆にしっかりやろうと思うとそれぐらいはかかっちゃうと思います。

まあ、何事も純粋に楽しみながらやるのが一番かな~と僕は思っていますのでテンションを上げる為のウォーミングアップだと僕は捉えています。

逆に小室さんはどうされていますか?

【小室】:僕の場合は、時間を長く取りたいタイプなんですよ。

少なくても30分、時間がある時は1時間、1時間半とか。

まあ、ウォーミングアップと言いますか、声を作っていくボイストレーニングにつながっちゃている所もあるんですけども。

そこで気をつけている事は、先ほど宇野さんも言われていた通り、自分の状態を確かめる事から始めます。

数ある言葉の中でも「マン」という言葉が自分の声の調子をはかりやすい言葉なので、

「(「マン」でのウォーミングアップの実演)」

と言う風に5分ぐらい、いろんな高さを発声してみまして、「今日は高音部分が張るな~」と思えばそれを和らげる「ヨウ」を使って長めにウォーミングアップをしてみたり、逆に「今日は高音部分が抜けやすいな~」という日には「バ」とか「ガ」とか声帯の閉鎖を強める言葉を使って30分ぐらいやるかな~という感じです。

ただ、順序は守ってやっています。

最初は声帯を引き戻す筋肉をあまり使わないトレーニングから始めますね

先ほど宇野さんも言われていたリップロール・タングロールから始めます。

そして、「マン」でその日の声帯の様子を見てから「ヨウ・ノウ」などで、なるべくチェスト色を使わない所から始めてから声帯の閉鎖色の強い「ガ」などを入れて中盤地点でエッジボイスで声帯の閉鎖を入れるなどして、いきなりガンガン声を出さずにちょっとずつ調子を上げていくという感じです。

僕の場合は声が本調子になってきたな~と感じるのは1時間ぐらいゆっくりウォーミングアップしてからなんですよね。

この違いは、多分声を鍛えてきた経路によって違うんですよ。

宇野さんは、ライブ三昧の日々があったじゃないですか。

瞬時に声をベストに持っていく瞬発性が求められたと思うんですよ。

【宇野】:そうですね~、かつライブの待ち時間などで楽屋であんまり大きな声が出せないんですよ。

また、ライブハウスの楽屋とかはタバコを吸う人も結構多いので、長時間ウォーミングアップや声を出していると声帯に悪かったんですよね。

それで声帯を痛めてしまって、いざライブで歌った時に声がガラガラになってしまっていたりとかなど結構色々な経験があるので、短時間でウォーミングアップをしていました。

後は、ウォーミングアップの中で体を動かす事にしていますね。

生徒さんのボイストレーニングの前のウォーミングアップとしてはあまりやらないのですが、自分がライブ出る前とかは腕立て伏せをやってみるとか、足を温める事が重要だという事なので、アキレス腱を伸ばしてみたり、太ももをマッサージしてみたりだとか、色々大きい筋肉を伸ばしてあげる事で声が出やすくなるのでそういのもやっていましたね。

先ほどプロ野球選手の話しもありましたが、そういう人達が走るのも全身の筋肉を活性化させる意味合いもあるので、そう意味では歌も体を使うので重要ですよね。

【小室】:特にライブの場合はパフォーマンスもしなければいけないので、体を動かす・温めておくのは重要ですよね。

逆に僕の場合は、ライブ・舞台と言っても15分ぐらいの短い舞台が主で、頻度も毎月何十本とか頻繁には入れていなかったので、どちらかというとボイストレーナーとして歌と向き合っていく時間の方が長くなってしまったので、マニアックはマニアック・時間かけすぎな方だと自分でも思います(笑)

この動画のみて下さっているみなさんは、私と宇野さん、合うタイプの方を選んでもらえればいいのかな~とは思います。

【宇野】:本当、人それぞれの所もありますもんね。

今回の対談動画は、台本のない、フリートークで話しをているのですが、お互い正反対ですもんね。

私たちのプロフィールにも書いているのですが、経歴も全く違いますし、考えている事も正反対の所があったりもしますもんね。

【小室】:それは、ありますね(笑)

でもだからこそ、面白い動画講座が作れるんじゃないかと僕は思ってますよ。

【宇野】:この動画を見て下さっている人が、どのように感じて下さっているのかが気になる所はあるのですが(笑)

まあ、正反対ですよね~

【小室】:動画を見て下さってるみなさんも、それぞれ違うと思うので合う方を参考にしてみて下さい!

【宇野】:基本的にはそれでいいと思います!

ウォーミングアップを長くやりたいな~という人は長くやってみて、僕みたいに感覚を大事にして行う野生児みたいなやり方なのか(笑)

【小室】:僕は、宇野さんは感性が鋭いので羨ましいな~といつも思ってるんですよ。

この二人だけではないんですよ、その他のボイストレーナー同士でもしっくりするやり方が違ったりするのでね。

先ほど合う方と言いましたけど、僕達の言っている所のいい所をミックスしていただければな~と思います。

まとめになりますが、ウォーミングアップはとても重要です。

これから長く歌っていこうと思ったら避けては通れない道になりますので、先ほど15分や30分、1時間などの話しをしましたがまずは5分でいいので「リップロール」や「タングロール」や「マン」などから始めてみて下さい。

後、何か簡易的なものってありますか?

【宇野】:なんですかね~

僕は、低音が苦手な所があるので「ゴ」をやったりとかしています。

喉仏を下に引っ張る筋肉を使って活性化させる事に気をつけていますね。

【小室】:そういう所から始めてみてください。

あ、後そうだ。

休憩も重要です、ウォーミングアップの中にも休憩を入れてみて下さい。

これ、結構みんなにおススメしているんですけれども、15分・20分ほど声を出すじゃないですか。

そして、5分ほど休憩すると、バッと声が出るようになってくるんですよね。

これ、1回試してみて下さい。

例えば、30分声を出すにしても、30分、ぶっ通しでいくよりは細かいんですが、12分・12分と2つに区切って間に6分休憩を入れた方が、僕は声の出が良くなるんですよね。

【宇野】:後は、起き抜けに声を出しちゃいけないってのもありますよね。

まあ、それはまた別の動画で・・・

【小室】:あ、それ過去の「喉のケア講座」で話していましたよ!

【宇野】:あ!話してましたっけ(笑)

【小室】:確か話してましたよ、ここカットしておきましょうか (笑)

【宇野】:いや、みなさんが他の動画にも興味を持っていただけると思うのでこのままにしておきましょう(笑)

果たして、本当に起き抜けの話しをしていのかどうか!!

そこも楽しみにしていたければ(笑)

★喉のケア講座はこちらになります。

これからボイストレーニングを頑張っていく人達への喉のケア講座

【小室】:(笑)

他の動画講座とか、コラム主体の講座では結構真面目にやっているので、今回みたいな動画講座でこういう風な僕達の人間味もね、知っていたただければな~と思います。

今日はちょっとゆるーい感じでやらしていただきましたが、話した内容はちゃんとしていますので(笑)

【宇野】:みなさんがみなさんなりのウォーミングアップを見つけていただければな~と思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ