メリットがたくさん!!表情筋を鍛えるトレーニング

今回の動画講座では表情筋を鍛えるトレーニングに関してお話ししたいと思います。

ボイストレーニングと聞くと、声を出すトレーニングを想像しがちですが、体の筋肉を鍛える・柔軟にする事も重要になります

特に表情筋を鍛えたり、柔軟にする事により、声の抜け方が変わる事はもちろん、声帯や声帯に関連する筋肉を柔軟に使いやすくなるので、声の出し方にダイレクトに影響してきます!

表情筋のトレーニングのポイント

  • 現代は表情筋が鍛えられていない人が多い
  • いい歌を歌う為には表情筋を鍛える事も重要である
  • 表情筋を鍛えると音程がフラットせず、正しい音程になりやすくなります
  • 表情が豊かになるので、歌の感情表現が鍛えられます
  • 声が伝わりやすくなります
  • 声が抜けやすくなり、ハリが出てきます
  • 声帯や声帯に関連する筋肉を柔軟に使いやすくなります

表情筋のトレーニング講座で話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの小室と宇野です。

よろしくお願いいたします。

【宇野】:という事で、動画講座も少しずつ増えてきましたけれど、今まで発声の事を主に話しをしてきたのですが、今日はプラスアルファ的なもので表情筋に関するお話しをさせていただこうと思います。

これもとても重要なんですよ。

このトレーニングはボイストレーニング初級者から上級者まで、全員にやっていただきたいトレーニングになります

歌う上で表情筋が硬ければだめです。

【小室】:表情筋が硬くなると声まで硬くなってしまいますしね

【宇野】:そうなんですよ。

表情を動かさずに話しをしていると中々、感情が伝わらないじゃないですか。

歌う時も同じなんですよね。

【小室】:今表情筋を使わずに声を出していただいているんですけれども、声も下の方に下がっていってしまうんですよね。

【宇野】:歌う時によく「口角を上げろ」などと言うのですが、口角が下げると音程も下がっていってしまうんですよね。

そうなってくると、何を言っているか分かりづらいですし、音程もフラットしてくる。

そして何より見た目が駄目だという感じになってきますので、本日は表情筋の鍛え方と表情筋の重要性に関してお話しさせていただこうと思います。

では早速いきましょう!

表情筋を鍛える事によってどんな効果が期待できるかと言いますと

  • 音程がフラットせず、正しい音程になりやすい
  • 表情が豊かになるので、歌の感情表現が鍛えられる
  • 声が伝わりやすくなる
  • 声が抜けやすくなり、ハリが出てくる

になります。

【小室】:高音発声の時に特に重要になってきますよね。

【宇野】:そうですね。

高い声を発声する時に、みなさん苦しそうな顔をする訳ですよ。

後、上を向いたりしてしまうんですよね。

そうすると首を締めあげてしまう上に、表情も硬くしてしまうので逆に高い声が出にくくなります

【小室】:そうするとhigh liftも誘発してしまいますしね。

【宇野】:表情筋を鍛えるという事は、声帯や声帯に関連する筋肉の柔軟性にもつながってきますのでそのトレーニングをやっていきたいと思います。

まずは「あいうえお」の基本口の形をどのようにするのか?という事から始めたいと思います。

「(あいうえおの表情の実演)」

特に重要なポイントをお話しすると、「あ」はしっかりと口角を上げたままです。

「う」を発声する時は前歯を少しつけた状態で発声すると良かったりします。

そして、全て口角をしっかり上げたまま発声して下さい。

今の「あいうえお」を発声した時に、口角が上がらずにまっすぐになっているか、下に下がってしまう人。

口角とは口の端の事ですね。

そういう人は、表情筋がない証拠なのでこれから紹介する体操をやっていただこうと思います。

【小室】:今宇野さんがおっしゃったんですけど、最近表情筋が弱くて口角が上がらない人が多いです

【宇野】:笑顔を作って時でも、口角が上がりきらない人とか結構多いんですよね。

【小室】:多いです。

なので、宇野さんが今から行うエクササイズはかなり効果がありますので、ぜひやってみて下さい。

【宇野】:では、「わおわお・ういうい」体操というのをやっていきたいと思います。

まずは「わおわお」の方からやっていきたいと思います。

「わ」は自分の顔が円だとしたら、その円を広げるように「わ」と発音します。

「お」は顔をまっすぐ上下に引っ張られているように「お」と発音します。

「(わおわお体操実演)」

今、5回ぐらいやったのですが表情筋の弱い方は、「ちょっと痛いな」と思っている方がいるかもしれません。

そういう方はこのトレーニングを一生懸命やって下さい。

寝る前、お風呂入る時、トイレ行く時、何でもいいです。

次は「ういうい」です。

「う」ですが、先ほど言った通り、軽く前歯をくっつけます。

グッと強く噛みしめてはだめですよ。

鼻のあたりから前に吸い込まれるように「う」と発音します。

「い」は横に引っ張ります。

「う」の時にどうしても口角が下がりがちになります、なので口角をしっかり上げるように心がけましょう。

「い」の時も口角をしっかりと上げて下さい。

「ういうい体操実演」

今、手をつけて実演したのですが、手をつける事も大事なんですよ

手をつける事によって「動かさなけえればいけないんだ!」と脳が認識するからです。

なので、しっかりと「わおわお」「ういうい」をやっていただけたらと思います。

最初の内はゆっくりでいいんですけれども、慣れてきましたらスピードを上げてやってみて下さい。

「(わおわお・ういうい体操のスピードを上げた実演)」

そうすると、同じ10回でも表情筋の鍛えられ方が変わってきます。

なので、あまり表情筋が痛くなるほど使う事は日常生活の中でないとは思うのですが、痛くなるまでやってみて欲しいなと思います。

何か他にありますか?

【小室】:海外のボイストレーニングの流派は声帯のトレーニングの事が多くて、表情筋はあまり言われない所ではあります。

僕は海外のボイストレーニングを中心にやっていまして、表情筋に関してはあまり重要視していなかったのですが、宇野さんとボイストレーニングの話しをしていまして、「表情筋はとても重要だな~」と思いました。

そして、僕もこの体操をやり始めて変わってきた所もありますので、みなさんもぜひやってみて下さい!

高い声を出すだけがボイストレーニングではないです。

こういうように、体が楽器になりますので色々な筋肉をほぐしていく・使っていく事はとても重要です。

なので、恥ずかしがらずにやってみて下さい。

【宇野】:そうですね、まずは鏡を見ながらやってみて下さい。

【小室】:実際に歌う時は、今紹介した体操のように極端に顔を動かす訳ではないので安心して下さい。

ただ、表情筋を鍛えていく・ほぐしていくという事が重要になります。

【宇野】:今回の動画はこんな感じですかね。

また表情筋に関してプラスアルファ、何かがあれば追加で動画を撮らせていただこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ