様々な効果がある複合的なボイストレーニング!!「ゴリラ」の鳴きまね編

今回ご紹介するボイストレーニングは動物のゴリラをイメージした、一風変わったボイストレーニングですが、「声量の増大」「共鳴腔の移動」「腹式呼吸を使って声を出す」「喉仏の引き下げ」「声の詰まりの解消」「喚声点の切り替え」など様々な効果がある複合的なボイストレーニングになります

その分、ボイストレーニングのレベルとしては高いのですが、とても効果的なトレーニングの一つなのでぜひ練習してみて下さい。

「ゴリラ」の鳴きまねのポイント

  • このボイストレーニングを行う時は余分な力みを取る為に上半身の力を抜いて下さい
  • 音を高くする際に共鳴の移動をイメージしやすいように手も動かしてトレーニングして下さい
  • 音の高さに連動して、口・鼻から出る息の量を調節して下さい

「ゴリラ」の鳴きまねの動画講座で話している内容

ボイプレTVをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの宇野と小室です。

よろしくお願いいたします。

【宇野】:という事で前回の動画から「ボイプレTV」に改名しました動画講座ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

基本的に僕から話しだす動画講座は変な事が多いです(笑)

【小室】:変な事ですか?(笑)

【宇野】:はい、色々体を使ったやつなので、今回も体を使っていきたいと思います。

【小室】:確かに、今回ご紹介していただくゴリラをイメージしたボイストレーニングもそうですね。

【宇野】:基本的には全身を動かしていますからね(笑)

今日はですね、ゴリラの発声というものをみなさんにやっていただきたいな~と思います。

一つ注意点としまして、これから変な映像が流れますけれども、みなさんは気を確かにしていただいてご覧いただければと思います(笑)

後、これからご紹介するボイストレーニングを実践する場合は、大勢人がいる場所であったり、街中でやらないようにだけご注意下さい!

そんな感じで始めていきたいと思います。

ポイントとしまして、どんな事をするのかと言いますと、下の低温部分で使う咽頭腔共鳴から、そのまま伸ばしまして高音の鼻腔共鳴に持っていきまして、なめらかに声を出す練習であったり、共鳴の移動であったりとかを目的としています。

また、喉仏を引き下げる効果であったり、苦手な人の多い喚声点の切り替えの練習にもなります。

さらに言いますと、口腔内の空間をしっかり保てるトレーニングにもなります。

口腔内の空間の確保は歌う上でとても重要になりまして、高音になると、口腔内が潰れてしまったり、低音になると口腔内が潰れてしまったりする人がいます。

要は高音部分で過剰に喉仏を上げてしまうhigh liftの解消トレーニングにもなります。

【小室】:今、宇野さんがご紹介していただいた通り、色々な効用・効能のある複合的なボイストレーニングなので、少し恥ずかしい動きがあるボイストレーニングなのですが、ぜひともやっていただきたいと思います。

【宇野】:では早速やっていこうと思います。

やり方としましては、前傾姿勢になり、力を抜きます。

上半身の力を抜くために肩や手を揺らしましょう。

別動画で紹介した、腹式呼吸を使ったドッグブレスを応用して、低音を出していきます。

「(腹式呼吸を使ったドッグブレスを応用して低音を出す実演)」

この低音を出した後、徐々に音程を上げていき鼻腔共鳴へと共鳴を移動させていきます

最初に低音を出す時に手で声が出る方向をイメージし、中音になるぐらいで、螺旋を描くように手を動かし、高音で鼻腔共鳴に声が移動するし、最後は頭のてっぺんから声を出す、遠くの方に声を投げるイメージをして手を動かしています。

では、まとめてやってみたいと思います。

足に力を入れているとやりにくいので、足の力も抜き、全身の力を抜くイメージでやってみて下さい。

「(ゴリラをイメージしたボイストレーニングの実演)」

冒頭にも言いましたが、このボイストレーニングは変な動きをします。

なのですが、歌は今実演しました通り音の高さに合わせて咽頭腔・口腔・鼻腔というように移動させていきます。

歌う時にミックスボイスを使うのはとても有効なのですが、共鳴腔の補助がないと薄っぺらくなってしまうんですよね。

また、各共鳴腔のかけ方でその人の持ち味が出たり、感情表現なども可能になってきます。

それらを鍛えていくボイストレーニングになりますので、それを意識しながら練習するといいのではないかと思います。

このボイストレーニングは少し難易度が高いのでできない方もいらっしゃると思います。

最初の低音部分はドッグブレスの応用なので、そちらの動画も参考にしていただき、その後に音程を上げていく時は息を出しっぱなしにします。

決して息は止めないで下さい、そして、息の量も一定に吐くように心がけて下さい。

それらを気をつけていただけると、声量の増大という効能もあります。

女性の方は最初の低音部分が苦手な方が多いのでそこをしっかりトレーニングして下さい。

特に男性の方は音程を上げていく時に、力で音を高くしようとして声を詰まらせてしまう人が多いので、イメージとしては音が高くなりはじめたら早い段階で裏声に変え、響きを鼻腔共鳴側に移動させると最初の内はコツを掴みやすいと思いす。

そして、息の流れを変えていくと更に効果が上がります。

音が低い時は口からメインで息が出ているのを音が高くなるにつれて鼻からも息が出るイメージを強くすると鼻腔共鳴がかかりやすくなり、声が詰まりにくくなります。

口からだけで息を出すのか、口と鼻両方から息を出すのか、鼻からだけで息を出すのか、を意識すると最初の内はやりやすいと思います

本日は、ゴリラをイメージして複合的なボイストレーニングをご紹介させていただきました。

他の動画もどうぞご覧ください!

サブコンテンツ

このページの先頭へ