【返答動画】ボイストレーニングはバランス良く行う事が上達のカギです!!

今回の動画はYOU TUBE内の動画にコメントされていた「ボボボという発声は、1日何分くらい練習するのが理想ですか? 」というご質問に関しての返答をさせていただいています。

「ボ」という言葉を使うボイストレーニングは高音部分で過剰に喉仏を上げてしまう「high lift」の症状を解消するボイストレーニングになります。

ご質問に返答すると同時にボイストレーニング初心者の方が陥りやすい危険な練習方法についても話していますのでみなさんぜひご覧ください!

今回の動画講座のポイント

  • 全てのボイストレーニングにはメリット・デメリットがありますので1種類だけを集中して行うのは危険です
  • 何種類かのボイストレーニングを組み込み1セットとして練習するのが効果的です
  • 声を出せば出すほど、声帯が疲弊し悪い癖がでやすいので1セット・1セット休憩を入れながら行って下さい

「ボという発声は1日何分ぐらい練習すればいいか?」という質問の返答動画の内容

ボイプレTVをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの小室と宇野です。

よろしくお願いいたします。

【小室】:宇野さん、今日はちょっと渋めの声ですね。

【宇野】:はーい

【小室】:なぜ宇野さんが渋めの声を出しているかというと、この動画講座をご覧いたければ分かると思います(笑)

今回もYOU TUBEの動画のコメント欄に質問をいただきました、ありがとうございます!

「ボボボという発声は、1日何分くらい練習するのが理想ですか?」というご質問をいただきましたので、そちらの返答動画をお送りしたいと思います。

先ほど宇野さんが出していたような渋めの声で 「ボ」という言葉を使うボイストレーニングは高音部分で過剰に喉仏を上げてしまう「high lift」の症状を解消するボイストレーニングになります。

それに対して「何分ぐらい行うのが理想ですか?」というご質問に対しての返答をさせていただこうと思います。

まず大前提として、ボイストレーニング初心者の方が一種類だけのボイストレーニングを集中的に行うのは危険だという事を認識しておいて下さい。

ある程度ボイストレーニングを積み、自分の状況を自分で判断できるようになり「自分のここが足りないから、このボイストレーニングを集中的に行う期間を作ろう」という風に行うのは大丈夫なのですが、まだ自分状態が判断できない方が「ボ」だけに関わらず、一種類だけのボイストレーニングだけを行っても歌の上達に繋がりにくいという面があります。

なので、何種類かのボイストレーニングを1セットと考えて行っていただくのがおススメ になります。

というのが、全てのボイストレーニングに言える事なのですが、「ボ」は万能ではないんですよね。

「ボ」は高音部分で喉仏を下げる感覚を身につけたり、喉仏の引き下げ筋を鍛えるのにつかわれるボイストレーニングなのですが、喉仏を引き上げてしまう筋肉の柔軟性を高めたり、高音部分で鼻腔に共鳴を移すボイストレーニングなど、様々な角度のボイストレーニングが必要になってきます。

また、「ボ」だけを行っていると、声を飲み込んでしまうという発声において悪い症状を引き起こしてしまう事も多々あります。

例えばなのですが、風邪をひいて病院に行った時に、菌を退治するお薬を処方してもらうのですが、それらは刺激が強いので胃を荒らしてしまうんですよね。

なので、同時に胃を守る薬も処方する。

このように両者のデメリットを打ち消し合い、メリットのみが残るような組み合わせでボイストレーニングを行う事が重要になります。

「ボ」という言葉が持つ、声を飲み込んでしまうというデメリットを緩和するボイストレーニング。

また、「ボ」は鼻腔共鳴をかけにくいので、鼻腔共鳴がかけやすいボイストレーニング。

そして、「ボ」は声帯を緩めてくれる作用があるので、それとは反対に適度に声帯を強く使うボイストレーニングなどを組み合わせて練習する事によって上手くなっていきます。

「ボボボという発声は、1日何分くらい練習するのが理想ですか?」という質問に対して直球的な答えではないのですが、1セット15分~20分ぐらいでそれを時間があれば2セット・3セットと行っていただく事が重要になります

それでは、1セットの組み合わせはどのような物があるのかという事をご紹介しておきましょう。

「ボ」というボイストレーニングに興味を持たれたという事は、「high lift」もしくは「no extend」の症状が当てはまる可能性が高いのでそれらを解消する為の初級の1セットを紹介しておきましょう。

まずは、リップロール・タングトリルから始めて下さい。

これらはウォーミングアップという側面もありますが、高い声を出す際に力みを取ったり、使ってはいけない筋肉を使わずに正しく発声するフォームを誘発してくれる側面もありますので、ウォーミングアップとしてだけではなく、1セットの中で随所随所に入れていただきたいと思います。

例えば、声帯を強く使う「ミャオ」とか「ネイ」を使った後にタングトリルを30秒ぐらい行う事によって緩和されていきます。

リップロール・タングトリルから始めていただき、次は「マン」ですかね。

そして次に、喉仏の引き下げを筋と声帯を柔軟に使うファルセット筋を鍛えてくれる「ヨウ」、これらを1分ずつぐらいやっていただき、「ボ」を1分いれていただく。

次は、声帯の閉鎖を強める「エッジボイス」を1分入れてもらい、鼻腔に共鳴させやすく声帯を強く使ってくれる「ミャオ」であったりと、ミャオと同じような効果が見込める「ネイ」などを1分ずつぐらい入れていただければと思います。

そして、先ほど説明した通り合間にリップロール・タングトリルを入れて下さい。

また、喉仏の上がりが特に気になる方は「ミャオ」の次にまた「ボ」を入れる、「ネイ」の次にまた「ボ」を入れるなど、「ボ」の回数を増やす事は大丈夫なです。

このように1セット15分ぐらいを目安に、時間があるのであれば、朝・昼・晩など時間を空けて1セットを繰り返し行っていただければと思います。

なぜ、時間を開けて行って欲しいかと言いますと、ボイストレーニングは声を出せば出すほど、声帯も疲弊していき、発声するにあたり使ってはいけない筋肉を刺激しやすくなったり、悪い癖が出やすくなってくるんですよね。

なので、短い時間でも休憩を入れて1セットをぐるぐる回していくと効果が出てきます。

筋肉トレーニングとかもそうですよね。

腕立て伏せを一度に200回できない人でも、15回ずつ休憩を入れながら行うと筋肉が回復する時間もできるので効率がよくなる。

ボイストレーニングもそのような考え方をしていただきたいと思います。

宇野さん補足はありますか?

【宇野】:今、筋トレの話しが出ましたのでお話しさせていただくと、腹筋だけをやっていると、段々猫背になってしまうとか、背筋もやらないと駄目だよとか話しを聞いた事があるとは思いますが、それと考え方が同じだと思います。

後は、発声に関する筋肉はその他の体の筋肉に比べて小さいので、いわゆる筋肉痛などにはならないのですが、インナーマッスルになるので、使えば使うほど伸びていきます。

なので、「今日はこの音程までいけたぞ!」などを入れつつ、自分で成長を確かめながら行っていくと楽しめるのかな~と思います。

【小室】:では、今回の動画は以上になります。

次回の動画もお楽しみに!

サブコンテンツ

このページの先頭へ