歌う上で喉に悪い飲み物・いい飲み物、漢方などのご紹介

歌う上で喉に悪い飲み物・いい飲み物、漢方などのご紹介イメージ

皆様は、カラオケや人前で歌う機会に気をつけたほうがいいことをご存知でしょうか?

一般にプロと言われているアーティストや歌手の方々も、色々なことに気を使っています。

このコラムでは、そんな中で歌う上で気をつけておきたい

  • 喉に悪いものや歌うときに悪いもの
  • 喉にいいものや歌うときにいいもの
  • 喉を酷使したときにオススメの漢方

などをご紹介していきたいと思います。

大前提として喉に悪い物は何かを言いますと

  • 乾燥
  • 刺激物

です!

まずはその知識を持った上で、記事を読んでいただけましたら幸いです

体質によっては大丈夫な方や調子が良くなる方もいらっしゃるとは思いますが、あくまで基本的なものですので、軽いお気持ちで読んでいただけると幸いです。

喉に悪い飲み物はなに?

まずは、カラオケでやりがちなものというとアルコールです

まぁ、なんとなく皆様も悪いんだろうなって意識はあると思います。

飲酒がなぜ喉に良くないかというと・・・

一つは、アルコールによって、体の水分が外に出やすくなるために、気づかないうちに体が脱水症状の状態となり、喉も乾燥してしまって、炎症を起こしやすくなる為です。

後は、自分で意識をして、抑えていた声量や筋肉の緊張をアルコールによって麻痺させる為に、声を荒げたりして無理なことをしてしまいがちだからです。

乾燥が良くない理由は、声帯の画像等見ていただけた方はお分かりかと思いますが、声帯はそれ自体がこすれあって発声をする為、乾いた状態では傷つきやすくなってしまいそこから炎症につながってしまうということです。

まぁ、つまりは体の水分を外に逃がしてしまえば、気づかないうちに喉が乾燥して痛めやすくなるということです。

喉が渇いたからアルコール!

その考えは、逆に体の水分を失わせていく悪習慣だとお考えください!

(まぁ・・・アルコールは美味しいし、テンションも上がるので楽しいカラオケや仲間内との会には必要不可欠だと思いますが(笑))

どうしてもという方は、後述の『喉にいい飲み物』の欄で!

次に、、、

オレンジジュースです!

そして、ジュース全般です。

「え?喉に良くないの?ビタミンCとか含まれてんじゃん!」

ってお声が聞こえてきそうですが、これもなかなかに曲者なのです!

特に、当WEBサイトをご覧いたただいている皆様のように、本格的にボイストレーニングを学び、喉の動きや繊細な動かし方をマスターしていけばいくほど、ジュースに含まれている「果糖類などの糖分」が曲者なのです!

皆さんは、ジュースを飲んだ時に喉が乾くイメージはありませんか?

そう!血液中にたくさんの糖分があると、体内の浸透圧の作用によって大量に尿が出てしまいます。

大量の尿と一緒に体の中の水分も体外に排出されるため、いくら水を飲んでも口の中や喉が乾いてしまうのです。

はい、また、乾燥です(笑)

次!

コーヒーや緑茶など!紅茶、ウーロン茶

「ここまできたら、これしかない!と思ってたのにこれもダメなん?」

はい、良くない場合が多いです

これらにはカフェインが含まれます!

人の体質にもよりますがカフェインは利尿作用があるのです!!

はい!また水分!!

そして、カフェインには、声帯などの粘膜に対して刺激が強い面もあります

繊細な動きを鈍らせる原因ともなりますので注意が必要です。

烏龍茶に関しては、油分を分解する作用もあるため、なおのこと注意が必要です。

じゃあ喉にいい飲み物はなに?

はい、ここまで、普段皆様が飲んでいるようなものはダメだと書いてきました。

「もう、ないじゃん?何飲めばいいのよ?飲むなってこと?それか高級な代物を用意でもすればいいの?」

いえ、一番いいのは

お水です(笑)

こんだけ書いてきて最終的に、言いたいことは

お水が一番良くて、白湯や体温に近い温度のものがなおのこと良いということです。

僕自身、レコーディングやホールなどでのライブを沢山経験して様々な、良いと言われるものは試しましたが、最終的にはこれでした!

冷たいものは、せっかく温まった筋肉を冷やして緊張させてしまうし熱過ぎれば飲めないし(笑)

まぁ、冷やすことに関しては悪いことばかりではないですが(アイシングの記事を参照)

他にも、ステージで活躍されている皆様はいろんなものを飲んでいます

お湯にクローブ、シナモン、カルダモンなどのハーブ、生姜にレモンやはちみつを溶かしたお湯。

ミントティーやカモミールティー(カフェインは含まれていない)

オリーブオイルを溶かしたお湯・・・等

海外の方には、ウイスキーとかぶっ飛んでいる方もいらっしゃいますが(笑)

いろいろ、体質の違いもありますが、みなさま飲み物にこだわっている方も多いようです。

喉の特効薬!!体験して効果があった漢方の紹介

あと、前述いたしました、喉に良い漢方の紹介です。

一つは、アーティストさんの中でもよく愛用していらっしゃる方も多い

響声破笛丸(きょうせいはてきがん)

何かの、必殺技みたいな名前ですが(笑)

中国の医学書の古典「万病回春」にも収録されている漢方です

中川翔子さんがTwitterで、エスエス製薬製のこの商品の生産中止を嘆いていたことで、知っている方も多いのではないでしょうか?

(他の製薬会社さんでは、今も販売しています)

声がかすれた時に効くばかりでなく、喉が弱くてすぐに声枯れをしてしまう傾向の人にも効果があるそうです。

実際、筆者がまだ未熟だった時代に喉を壊し「声帯炎」という歌を歌う人にとって一番怖い病気にかかって、普段の会話もできないレベルになっていた時、ライブのスケジュールは削れなくてどうしよう・・・

となった時に、そのライブの時間だけ奇跡的に歌をうたえていた奇跡の漢方です(笑)

声帯炎を起こしている時にお医者さんには、「普段の生活で発声すること自体もよくないです、絶対安静して下さい」と言われた中でのライブで本当に助けられました。

(ただ、絶対に真似はしないでください。声帯炎は本当に辛いです。目を覚ますたびに焼け付くような痛みで目がさめるほど・・・無理はほどほどに・・・)

次にオススメなのが、

養陰清肺(よういんせいはい)シロップ」というものです。

養陰清肺シロップは、中国から輸入されたのどの薬で、生薬の水性エキスを飲みやすくしたシロップ剤です。

のどがはれて痛んだり、せきや痰がからまって出ないような時によく効きます。

これも、本当に辛い時のお世話になりました。

こちらは、不養生で風邪をひいてしまっていた時に何度も助けられました。

筆者は、ステージや歌う前にも飲んだりしていました。

他にも、良いものがあれば書いていきたいと思いますが、こちらが、筆者が実体験の中で得たものです。

まぁ、あまり無理をしないことを一番にオススメはします(笑)

P.S

さて、いろいろご紹介はさせていただきましたが、これで本腰を入れて歌を歌う時に、飲み物で言い訳は作れなくなりますね?

まだ、自信がない・・・
本気で気持ち良く歌を歌いたい・・・
自分は、声が低いから・・・
変だから・・・

諦める前に当ホームページをまずは隅々まで実践してみてください!

あなたの歌による人生を変えてみせます。

ご覧いただきありがとうございました。

・・・最後にこの記事で言いたいことは、

「体質とか好みはあるだろうけど、個人的には白湯(さゆ)がいいよ!」

ということです(笑)

では、また

サブコンテンツ

このページの先頭へ