ファルセット(裏声)が出ない・苦手な方への出し方や鍛え方

ファルセット(裏声)が苦手な方への出し方や鍛え方のイメージ

自由自在に高い声で歌う、ミックスボイスを身につける為に避けては通れないファルセット(裏声)。

まとめコラム

【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法」で、ミックスボイスを身につける手順として「ファルセット(裏声) 」を鍛えていく事の重要性について触れました。

しかし、そもそも「ファルセット(裏声)で出ない、歌えない!」という方も多いんですよね。

特にその傾向は男性に多いです。

なので、今回のコラムではそもそもファルセット(裏声)を出す為にどんなトレーニングをしたらいいのか?

そして、ファルセット(裏声)を安定して出せるように鍛える為には、どんなボイストレーニングを行えばいいのか?

それらに関して、動画講座を使いながら説明していこうと思います。

※当webサイトでは「ファルセット=裏声」と定義しております。

ファルセット(裏声)が得意な人は高音発声も得意!

具体的なボイストレーニングの内容に入る前に、まずは「何故、ファルセット(裏声)を出せるようにならないといけないのか?」という事について説明させていただこうと思います。

最初に大前提をお話ししておきましょう。

ファルセット(裏声) でキレイに出せない音域は、高音を鍛えても安定して出せるようにはならない

という事です。

そして、そもそもファルセットを脱力してキレイに発声できない人はヘッドボイスを身につける事もできませんので、ミックスボイスを手に入れる事もできません。

詳しく説明しようとすると、「輪状甲状筋(声帯を引っ張る筋肉)」と「甲状披裂筋(声帯にテンションを加える筋肉)」など、声帯に関連する筋肉群の様々な説明が入り、専門用語が出てきますので今は「ファルセットでキレイに出せる音=鍛えていけば力強くも柔らかくも安定して出せるようになる音」という解釈をしておいて下さい。

※(「輪状甲状筋」と「甲状披裂筋」など、声帯に関連する筋肉 の関係に関しては別コラムで詳しく説明させていただきますね。 )

まあ、要するにファルセット(裏声)を安定して出せないと、高い声の開発が効率良く進まないという事です。

それを裏付けるように、ほぼ例外なく高い声で歌う事が得意な人はファルセット(裏声)も得意です。

また、歌唱能力的にもファルセット(裏声)は色々な所で使われているので、避けては通れない道ですね。

なので

「僕は、少しでも早く力強い高い声を習得したいんだ!」と焦らずにファルセット(裏声)を安定して出せるよう鍛える所からトレーニングを始めて下さい!

ファルセット(裏声)が全く出ない人はここから始めよう!

ごくまれに、ファルセット(裏声)が全く出せない人もいます。

そういう方は、音程を意識してトレーニングをするのではなく、次に紹介するトレーニングから始めてみましょう。

まずは動画をご覧ください。

「鳩」の鳴き声を真似てトレーニングを行います。

動画のように「ホー、ホー」と「鳩」の鳴き声をイメージして発声するとファルセット(裏声)の感覚がつかみやすくなります。

ロングトーンでファルセット(裏声)を発声するのは難しいので、動画のように「ホー」という言葉を切りながら発声してみましょう。

ここでの注意点は動画で紹介しているように、最初は高い声でファルセット(裏声)を出そうとするのではなく、ある程度音は低くてもいいので、ファルセット(裏声)が出しやすい音から始めて下さい

ファルセット(裏声)のボイストレーニングと聞くと、最初から高音でトレーニングをしがちですが、それはNGです。

ファルセット(裏声)は高音の方が発声しにくく、力みやすいという特徴を持っています

なので、動画のように低い音程で慣れてから順に音を高くしていくように注意して下さい。

また、高い音になってきますと喉仏も上がりやすくなり声も詰まりやすくなります。

なので、動画でも紹介している通り、音が高くなってもしっかり口腔共鳴を意識し、力まずに「ホー、ホー」と発声する事を心がけて下さい。

ロングトーンでファルセット(裏声)を発声するボイストレーニング

「鳩」の鳴き声をイメージするボイストレーニングでファルセット(裏声)を発声する感覚が掴めましたら、次はファルセット(裏声)でロングトーン(音を伸ばす)のボイストレーニングに移りましょう。

まずは動画をご覧ください。

いきなりファルセット(裏声)をロングトーンで発声するのは難易度が高いので、最初は動画のようにペットボトルを使いながらトレーニングをしましょう。

動画で紹介しているように、ペットボトルを咥えるのではなく、「ホ」の形のまま口にペットボトルの飲み口を差し込み「ホー」とロングトーンで発声をしましょう。

その時にペットボトルの底のくぼみに振動が起こるように「ホー」と発声します。

ここでも、いきなり高い声を出さずに、ファルセット(裏声)の出しやすい音程からロングトーンを練習していきましょう。

そして、慣れてきましたら徐々に音を高くしていくのですが、音が高くなってもペットボトルの底のくぼみに振動を失わない事をしましょう。

そうすると、ファルセット(裏声)の響きを失わず、声量を確保する事ができます。

ここで、なぜペットボトルを使ってトレーニングをするのかを説明しておきましょう。

ファルセット(裏声)で高い音を発声しようと力みが生じ、口腔内の空間が狭まりやすくなります

ですが、「ホ」の口を意識したままペットボトルの飲み口を差し込む事で、口腔内の空間が確保する事ができるのです。

また、高音部での詰まりを引き起こす「high lift(喉仏が上がってしまう事)」を緩和させる事もできるのでペットボトルを使いながらトレーニングを行っていただく事をお勧めしております。

ペットボトルを使ってファルセット(裏声)を発声する事に慣れてきましたら、動画で紹介しているようにペットボトルを口から外してファルセット(裏声)を発声しましょう。

この時にペットボトルが無くても、力まずにファルセット(裏声)を発声する事ができればOKです。

しかし、ペットボトルを外すと、力んでしまい、ファルセット(裏声)が出しにくくなる場合は、またペットボトルを口に咥えて、出しやすい音程でトレーニングを積んで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ