息と声の変換比率からみる声帯の閉鎖加減とウィスパーボイス

今回の動画で紹介させていただくのは、「息と声の変換比率からみる声帯の閉鎖加減」です。

声帯の閉鎖をコントロールできるようになる事は、ミックスボイスの習得に関しても必要不可欠な項目ですし、声帯の閉鎖加減をコントロールできないと、様々なボイストレーニングの効果にも影響がでてきます

また、歌唱法にも幅が広がりますので頑張ってトレーニングしてみて下さい!

動画内で紹介されている動画は下記になります。

【動画講座】ミックスボイス習得の為に重要な声帯閉鎖を強めるエッジボイス

息と声の変換比率からみる声帯の閉鎖加減とウィスパーボイスのポイント

  • 息と声の変換比率をコントロールする事は声帯の閉鎖加減をコントロールする事
  • 声帯の閉鎖加減をコントロールする事は、ミックスボイス習得に必要不可欠
  • 声帯の閉鎖加減をコントロールできるようになると歌唱法にも幅が出てくる
  • 声帯の閉鎖が緩いと吐息まじりの声になり、閉鎖されているとしっかりと声が出る
  • ボイストレーニング初心者の方は声帯の閉鎖をコントロールできない人が多い
  • 季節の変わり目や気分や体調などにも影響して声帯の閉鎖加減が変化する

動画で話している内容

みなさんこんにちは、ボイストレーナーの小室です。

本日の動画講座は、息と声の変換比率に関してお話しをさせていただこうと思います。

この息と声の変換比率なのですが、声帯の閉鎖活動にも関わる所になりますので、ミックスボイスを身につけて自由自在に高い声で歌えるようになるという項目でも必要な事になってきますし、歌唱法としても必要になってきます ので、ぜひ学んでみて下さい。

まずは、息と声の変換比率とはどんな事かと言いますと、そもそも声というのは、肺から送られてくる空気で声帯を振動させて声の元を作り体の共鳴腔や唇や舌などで言葉を作ったり、声の元を倍増させて作らるのですが、今回の話しは息と声帯に関わるお話しになります。

息を声に変換する為には、声帯の閉鎖活動が必要になるのですが、それをコントロールする事によって作られる音色という物があります。

まず、当たり前の話しですが、息を吐いている時は声には変換されていません。

この状態が息が100%の状態で、声に全く変換されていない状態です。

それに対しまして「(マァ~実演)」

今、しっかりと声に変換しましたよね。

それに対しまして、ウィスパーボイスなどに代表される吐息まじりの声「(吐息まじりの声実演)」

これが、大体のイメージで思って欲しいのですが、息50%・声50%ぐらいの割合にしました。

ちなみにですが、この声は歌唱法としても使われる事があります。

そして、この声の変換比率は何で調整しているかと言いますと、声帯の閉鎖加減で調節していると考えて下さい。

声帯なのですが、このような形をしているんですよね。

そして、声帯が閉鎖活動をするのですが、閉鎖が緩い声に吐息が混じりますし、しっかりと閉鎖ができているとしっかりと声に変換されます

この声帯の閉鎖加減ですが、ある程度コントロールできるようになっておいていただきたいです。

個人差があるのですが、ボイストレーニングを積む最初の段階で、声帯の閉鎖が強すぎる人もいれば、弱すぎる人もいます

そして、それらはコントロールできるようになり、声帯の閉鎖が強すぎる人は弱めて適度にしたり、声帯の閉鎖が弱すぎる人は強めて適度にする必要があります。

また、ボイストレーニング中級者になっても、季節の移り変わりや体調の変化・また、その日の気分などのバイオリズムで声帯の閉鎖加減が強くなりすぎたり、弱くなったりするんですよね。

そんな時でも、声帯の閉鎖をコントロールできるようになっていけば、元に戻す事ができるというメリットがありますし、ミックスボイスを習得する為にも声帯の閉鎖をコントロールできるようになっておくのは必要不可欠なですし、高い音から低い音に移るフレーズを歌う時に瞬時に声帯の閉鎖加減を調節して歌唱の表現の幅も増やす事ができます。

さて、声帯の閉鎖加減をコントロールする基礎のボイストレーニングを紹介していこうと思うのですが、最初は簡単な所から始めていきましょう。

エッジボイスの対談動画でも紹介しているのですが・・・

あ、エッジボイスの説明をこの動画ではしていなかったですね。

エッジボイス「(エッジボイスの実演)」を出している時が声帯を完全に閉鎖されている時の音・状態になります。

エッジボイスに関してはこちらの動画をご覧ください。

【動画講座】ミックスボイス習得の為に重要な声帯閉鎖を強めるエッジボイス

さて、声帯の閉鎖を強める基礎ボイストレーニングに戻るのですが、エッジボイス程、最初は声帯の閉鎖を強めなくてもいいです。

まずは、単純に最初は息を漏らしてみましょう。

「(息漏れのマァ実演)」

そして次はしっかりと発音をする。

「(しっかりと発音したマァの実演)」

これを交互に行う事により、声帯の閉鎖加減をコントロールするイメージを掴む事ができるようになってきます。

そして、歌唱法としては低い音程で息を漏らす・ウィスパーボイスを使う事が多いので、音程に合わせて声帯の閉鎖加減を調整する。

「(音程に合わせて声帯の閉鎖加減を調整するトレーニング実演)」

こういうトレーニングも基礎トレーニングとしておススメです。

余談なのですが、息を漏らした声・ウィスパーボイスなのですが、息を漏らすだけだと声がカスカスになってしまうんですよ。

なので、音程にもよるのですが、ウィスパーボイスを使う時は、息を漏らしているのですが滑舌は良くして声を響かせる共鳴腔をしっかりと働かせて下さい。

大体、低い音程が多いので、咽頭腔に響かせる・喉仏を落として胸に響かせるイメージを持って下さい。

ウィスパーボイス、息は漏らすのですが声を弱弱しくはせず、しっかりと芯を残すように心がけて下さい。

「(ウィスパーボイス実演)」

これらの事を注意しながらトレーニングを行ってみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ