【返答動画】ミックスボイスは100%裏声なのか?声帯閉鎖コントロールができればできるのか?

今回の動画はYOU TUBE内の動画にコメントされていた「ミドルボイスって100%裏声ですか?声帯閉鎖コントロールができればできますか?」というご質問に関しての返答をさせていただいています。

ミックスボイスを身につけるには様々な角度のボイストレーニングが必要であり、理解するのが少し難しいのでそこに焦点をあてた返答動画になっております。

※動画で紹介している動画講座はこちらになります。

【動画講座】ミックスボイス習得の為に重要な声帯閉鎖を強めるエッジボイス

【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法

今回の動画で話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの小室と宇野です。

よろしくお願いいたします。

さてさて今回の動画ですが、YOUTUBEの動画のコメント欄に質問をいただきました。

ありがとうございます!

実は、これが初のコメント・質問です。

【宇野】:動画自体も最初の方に撮影した動画で、色々手探りで撮影していた感じでその動画にコメントをいただきました。

記念すべき最初のコメント・質問という事で僕達も頑張って返信をしようと思います。

【小室】:質問の内容なんですが、「ミドルボイスって100%裏声ですか?声帯閉鎖コントロールができればできますか?」という内容です。

まず、大前提なんですけれども「ミドルボイス」や「ミックスボイス」などの言葉は、色々なボイストレーナーさんや流派によって違ったりします

そして、僕たちはミドルボイスという考え方は定義していませんので、大体「ミドルボイス」という言葉は「ミックスボイス」という考え方に近い所で語られている事が多いので、「ミドルボイスって100%裏声ですか? 」という形で質問を受け止めて返答させていただきますね。

この質問をいただいた動画なのですが、ミックスボイスを習得する為に必要な要素の一つである「声帯閉鎖」に特化した動画にコメントされていただのでそのように受け取られたのかと思います。

【動画講座】ミックスボイス習得の為に重要な声帯閉鎖を強めるエッジボイス

また、その動画で私がデモンストレーションをする時に、ヘッドよりでファルセットベースの声でデモンストレーションをしましたので「100%裏声ですか? 」という質問がきたのかな~と思います。

まずお答えをしとおくと、ミックスボイスは100%裏声ではありません

ミックスボイスを出している時は、ファルセットや裏声を出している時よりも「喉を使っているな~」という体感もありますし、共鳴されている位置も違います。

そちらの詳しい返答をしようと思うと、15分規模の動画講座が何本か必要になりますので随時作成していこうと思いますので楽しみにしていただければと思います。

そして、もう一つの質問ですが、「声帯閉鎖コントロールができればできますか?」という質問になのですが、先ほども少しお伝えさせていただいたのですが、エッジボイス=声帯閉鎖を強めるボイストレーニングはミックスボイスを習得する為に重要なトレーニングにはなるのですが、それが全てではありません

このご質問はYOU TUBEの動画のコメント欄にありましたので、YOU TUBE内で色々検索をしてその動画に行きついた方だと思うのですが、私たちのサイトに掲載しているミックスボイスのまとめコラム。

文字数が2万文字ぐらいあるのですが、その中で色々紹介しているのですが、ミックスボイスを身につける為には様々な角度のボイストレーニングが必要になります。

【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法

声帯や声帯に関連する筋肉をガチガチに硬直させて高音部分で叫びあげてしまい、ある一定の高さで声が裏返ってしまう「no extend」の症状や高音部分で過剰に喉仏を上げてしまう「high lift」の症状であったりとか、声帯の閉鎖が苦手で全てが柔しい声、息漏れを起こしてしまっている声の「no close」の症状などを解消してまずは声帯を適切な形で使えるようになる。

そして、そこからエッジボイスなどのトレーニングで声帯の閉鎖を強めるなどの過程を通ってミックスボイスは習得できます。

ボイストレーナーをしていて「これができればミックスボイスを習得できますか?」などの質問を受ける事もたくさんあるのですが、ミックスボイスを習得する事はそこまで単純ではないんですよ。

なので、まずは先ほどご紹介した「【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法 」を読んでいただく事をお勧めします。

そして、かなり難しい内容も書いてありますので「コラムの中のここが分からないです!」と質問をしていただければ、またそこをクローズアップした動画も撮らせていただきます。

なのでお気軽にまたご質問下さい。

【宇野】:今回のご質問と答えをまとめると、「ミックスボイスは100%裏声ではない」という事と、「声帯閉鎖ができればミックスボイスができるというよりは、声帯閉鎖がしっかりできてから色々なトレーニングをさらに積んでいく」という事になりますよね。

後は、2万文字プラス説明動画を掲載しているという地獄のようなミックスボイスのまとめコラムを読んでいただくという事ですかね(笑)

【小室】:そうですね(笑)

このコラムは内容がかなり濃いので、1回で読めなくてもこまめに読んでいただいて、そして1回では理解しきれないと思うので何度も繰り返し読んでいただければと思います。

【宇野】:このミックスボイスのまとめコラムもミックスボイスを習得する為の第一段階であったりするじゃないですか。

なので、こらからボイストレーニングを始めていく人達は1ヶ月・2ヵ月・3ヶ月繰り返し読みながらトレーニングもしていただいて、少しづつ理解できてくるのではいないかと思います。

そして、また分からない所があればまた僕達に聞いていただければ、お答えできる範囲でお答えしたいと思います。

【小室】:はい!

では、記念すべき第一弾のご質問に関してはこのような感じになってしまうのかな~と思うのですが。

【宇野】:今回のご返答が見当違いの事であれば、また詳細に症状などをお伝えいただければ、またそれに対する返答動画も取らせていただきます。

【小室】:なので気兼ねなくコメント下さい。

それでは次回の動画もお楽しみに~

サブコンテンツ

このページの先頭へ