ミックスボイスを身につける・鍛える為の中級者以上のボイストレーニング

今回の動画講座ではミックスボイスを習得していく中で克服しておかないといけない3つの症状「no exted」「high lift」「no close」を解消し、ミックスボイスを身につける・鍛えていく為のボイストレーニングを紹介しております。

このボイストレーニングは、中級者以上・上級者向けの内容になっています。

まだ、この段階になっていない人が行うと悪い癖を悪化させてしまってり、声帯を痛めてしまう可能性が大きいのでご注意下さい!

今回の動画講座のポイント

  • ミックスボイスを身につける・鍛えるトレーニングは基礎ができていないと悪い癖を悪化させたり、声帯を傷めたりするので注意して下さい
  • 高音部分で声帯を閉める段階でも、柔らかい声をベースにして行ってください
  • 柔らかい声の中にエッジ音をしっかり確保してください
  • 最初の内は口腔内を狭めると声帯の閉鎖が確保しやすいです
  • 慣れてから喉仏を下げて、口腔の空間を確保しましょう

話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの小室と宇野です。

よろしくお願いいたします。

さて、今回の動画講座ですが上級者向けと言いますか、ボイストレーニング中級者以上の方に向けた動画講座を行いたいと思います。

ミックスボイスを習得していく中で克服しておかないといけない3つの症状「no exted」「high lift」「no close」を解消した後にミックスボイスを鍛えていく段階のボイストレーニングになります。

なので、この動画で初めて僕達を知っていただいた方はまずはミックスボイスのまとめコラムを読んでいただき、そちらを実践してから今回の動画講座の内容を行って下さい。

【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法

さて、ミックスボイスを作っていく過程なのですが、先ほど紹介した3つの症状が解消できていて、力みのない声が出せている事を前提とします。

低い音も高い音も声の詰まりなく、裏返りなく発声できるようになりましたら強い高音を作っていく土台ができていますので、そこからのボイストレーニングを紹介しましょう。

今の柔らかい声に声帯の閉鎖であったりとか、声量を上げていく事によって強い声を作る事ができるのですが、まず一つ「ンア」というボイトレーニングを紹介しておきます。

まずは口を開けたままのハミングをしてみて下さい。

これは鼻腔共鳴を鍛えるボイストレーニングでも紹介しているのですが、口を開けたまま「ン~」とハミングをし、鼻に響きを集めます。

そうすると声帯が閉まりやすいので、「ン~」と発声してから「ア」と発声します。

そして、低い音から音程に合わせて高い音へと発声していきます。

ここで注意点ですが、高音部分はあくまでもファルセットを出すイメージと言いますか。柔らかい声を発声するイメージを持ちながら、「ン~」という口を開けたままのハミングで声帯の閉鎖を確保し、柔らかいながらにも強さがある声をイメージして下さい。

このボイストレーニングをやっている時に喉仏が過剰に上がってしまう人や、喉がはちきれんばかりに痛くなってしまう人はまだこのトレーニングをする段階ではありません。

なので、そういう方はミックスボイスのまとめコラムであったりとか、「no extend」「high lift」を解消するボイストレーニングに戻って下さい。

もう一つ似たようなボイストレーニングを紹介しておきましょう。

今度は口を閉じたままのハミングです。

口を閉じたまま「ン~」とハミングをして、一度響きを鼻の方に入れます。

この時口腔内は狭くしています。

口腔内を狭くする事によって鼻腔の方に響きが向きやすくなりますし、声帯も閉まりやすくなります。

そして、「ン」で溜めまして「マァ~」と声を出していきます。

この「ン~」と声を出している時も、地声をイメージして声を出すと詰まりやすいので、柔らかい声を意識します。

しかし「ン~」の中にエッジ音をしっかりと出します

このようなボイストレーニングを行う事により強いミックスボイスが作られていきます。

今、私は「マァ」に変えた時に咽頭腔と口腔を開いたのですが、慣れない方はそうすると声帯が緩んでしまい、声が裏返ってしまう人が多いです。

なので、最初の内は変な声になってしまってもいいので「マァ」と発声した時に口腔を狭めると閉鎖が確保しやすいです

しかし、このままだと歌では使えないので、あくまでも柔らかい声の中に声帯の閉鎖を入れていくという感覚を身につける為だけに使い、それに慣れてきたら少しずつ咽頭腔・喉仏を落とし、口腔もワイドに取って「マァ」と発声できるようになりましょう。

このボイストレーニングを行う段階に入っていない方が行うと悪い癖を誘発してしまい、声帯にも恐ろしいほど負担をかけてしまいますので、少しでも辛いな~と感じる方はこのボイストレーニング以前のトレーニングを行って下さい。

【宇野】:悪い例としては、発声している時に声帯に痛みなどが伴うようだと駄目ですよね。

今小室さんが実演してくれたのですが、全く痛みなどを感じない状態でやっていますのでそこに注意して下さい。

【小室】:そうですね、中級者以上・上級者に向けてのトレーニングですからね。

なので焦らずにやってみて下さい。

では今回の動画講座は以上です。

次回の動画講座もお楽しみに♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ