ミックスボイスを身につける為に最低限必要な声帯の知識

【このページは連載コラム「【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法」の一部のページです】

連載ページ一覧

さて、ここまでで、そもそもミックスボイスとは何なのか?そして、ミックスボイスを身につける為のイメージ学んでいただきました。

ここからはミックスボイスを習得するにあたり、必要最低限の声帯の知識を学んでいただきたいと思います。

声帯は声の元を生み出す組織。いわば、歌声の生命線の組織で、声帯の状態によって歌声のほとんどが決まると言っても過言ではありません。

そして、人間の顔や体、声が人それぞれ違うように、声帯の状態も違います。

そして、高い声が出ない理由、そしてミックスボイスを身につける為に必要なトレーニングの順番も変わってくるのです。

高い声が出ない理由は声帯の状態によって大きく分けて以下の3種類の症状に分ける事ができます

それは下記になります。

ミックスボイスを身につける為に解消しておかないといけない3つの症状

  • no extend(ノーエクステンド)⇒ 声帯を柔軟に伸ばす事ができず、高音で叫びあげてしまう症状
  • high lift(ハイリフト)⇒ 高音発声時に喉仏を過剰に持ち上げてしまう症状
  • no close(ノークローズ)⇒声帯を閉鎖できない症状

重要な事なので何度もお伝えしますね。

ミックスボイスを習得するために必要なボイストレーニングは、「no extend」「high lift」「no close」のどの症状を起こしているかによって内容も異なれば順番も異なります。

なぜここまで念を押すかと言いますと、怖い事に「no extend」、「high lift」の人が「no close」の方に必要なボイストレーニングをしたり、順番を間違えたボイストレーニングをするとトレーニングの効果が少なくなるどころか、逆にますます高い声が出なくなってしまう事も多々あります

一生懸命練習練習したのに、かえって変な癖をつけてしまい症状が悪化してしまったら悲しすぎますよね。

なので、あなたは「no extend」「high lift」「no close」のどの症状なのか?

をしっかりと理解する事が非常に重要になるのです。

そして、それを理解する為にも声帯に関する必要最低限の知識が必要なので説明させていただきたいと思います。

高音発声における声帯の動き

歌声を作る時において声帯の主な重要なポイントは

  • 声帯の閉鎖活動
  • 声帯の伸縮活動
  • 声帯や声帯に関連するの筋肉の柔らかさと運動量

になります。

それらのどこに問題があるのかで

  • mo extend(ノーエクステンド)(声帯を柔軟に伸ばす事ができず、高音で叫びあげてしまう症状)
  • high lift(ハイリフト)⇒ 高音発声時に喉仏を過剰に持ち上げてしまう症状
  • no close(ノークローズ)声帯を閉鎖できない症状

という上記の症状に分類分けができます。

一つずつ説明していきましょう。

声帯の閉鎖活動

まずは、声帯の閉鎖活動から説明しましょう。

下の図をご覧下さい。

図1

こちらが声帯を上から見た時のイメージ図です。
図のように呼吸をしている時は開いていた声帯が、声を出す時は閉鎖します。
そして、肺から送られてくる空気に振動して声が作られるのです。

ここで閉鎖活動についてもう少し説明をします。

この声帯の閉鎖には

  • 開き気味
  • 閉まりすぎ
  • ちょうどいい

の3つの状態があります。

順に説明していきましょう。

まずは下の動画をご覧ください

開き気味」は言葉の通りです。

声帯の閉鎖が十分になされておらず、少し開いている状態です。

この状態になると、息が声にしっかり変換できず、吐息まじりの声になります。

声帯の閉鎖がしっかりできていない状態では、声帯が機能不全を起こしますし、大きな声を出す事もできません。
また、声帯が機能不全を起こすのでボイストレーニングの効果が少なくなってしまいます。

次に「閉まりすぎ」ですが、こちらも文字通りです。

声帯の閉鎖が強すぎる状態の事を指します。

この状態になると、必要以上に声帯が触れ合うので、声を出している時に喉にイガイガ感を感じます。

そして、「エッジ音」と言いまして、声帯の閉鎖が起こっている時に出る「ジ~」という音が必要以上に発生し聞き心地が悪くなります。

この状態になりますと、声帯に必要以上の力が働いている為、声帯をコントロールする事が難しくなります。

また、必要以上に閉鎖しているので声を出せば出すほど、声帯が摩耗していき負担も大きくなるので危険な発声状態です。

また、「開きすぎ」の時と同じく声帯が機能不全を起こすのでこれもボイストレーニングの効果が少なくなってしまいます

そして、開き気味でもない、閉まりすぎてもいない、適度な閉鎖状態での発声が「ちょうどいい」となります。

このようにちょうどいい閉鎖加減を、まずは目指しましょう♪

声帯の閉鎖に関するポイント

  • 声帯の閉鎖は開き気味でも閉まりすぎてもダメ、まずは適度を目指してください!

声帯の伸縮活動

次は声帯の伸縮活動について説明しましょう。

下の図をご覧下さい。

図2

声帯は図2のイメージのように高い声を出す時は伸び、低い声を出す時は縮まります。

これを声帯の伸縮活動と呼びます。

そして、運動の様子が似ている事から

「輪ゴムを引っ張って指ではじくと高い音が出ますよね、反対に縮めた後に指ではじくと低い音がでます。それは声帯も同じなんですよ。」

というように輪ゴムで表現される事が多いです。

なので、現段階では「輪ゴムのように声帯も長く伸ばせば高い声が出るんだな~」というイメージを持っておいて下さい。

声帯の伸縮活動に関するポイント

  • 声帯は輪ゴムのように長く伸びれば高い音が出るというイメージを掴む!
次のページのご案内
サブコンテンツ

このページの先頭へ