ミックスボイスを身につける為の具体的なボイストレーニング~その3~

【このページは連載コラム「【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法」の一部のページです】

連載ページ一覧

ミックスボイスを身につける前段階として、克服しておくべき3つの症状が克服できたら、いよいよミックスボイスを取得する為のボイストレーニングに入ります。

今回はミックスボイスの土台となる「ヘッドボイス」の習得と「喚声点の克服」に関して紹介しましょう。

次はヘッドボイスを身につけよう!

自由自在に強くも柔らかくも高い声で歌えるようになるには、ミックスボイスを習得する事が必要不可欠。

そして、ミックスボイス習得のボイストレーニングに入る前に「no extend」「high lift」「no close」これらの症状を克服しておかないといけない事をお伝えすると同時に、初級のボイストレーニングをいくつかご紹介しました。

今までご紹介した事をしっかり理解し、トレーニングを行って下さった方の中には、すでに今までよりも高い声が出るようになっている方もいらっしゃると思います。

でもまだまだ高い声が出るようになりますよ

ミックスボイスを手に入れた時は、今までよりも遥かに高い声が負担なく出せるようになるのです♪

次はヘッドボイスを身につける為のボイストレーニングをご紹介したいと思います!

ヘッドボイスを身につける為のボイストレーニング

このコラムの前半「基本的な声の種類を知る」の中の「ヘッドボイスとは」を読み返しておいて下さい。

ヘッドボイスを身につけるにはファルセットを強化し、息漏れを解消しないといけない事をお伝えしていました。

では、それを解消する初級のボイストレーニングを1つ紹介しましょう。

まずは動画をご覧ください。

「ギ」という言葉を使います。

「ギ」という言葉は母音に「I」子音「G」という構成になっています。

「I」はヘッドボイス時に活躍する声帯の動き方や、筋肉の動かし方を誘発してくれる働きを持っています。

「G」を発音する時は一度空気を止め、口腔内に圧力を作ります。その圧力が声帯の閉鎖を助けてくれます。

ようするに、ヘッドボイス発声時に重要な声帯や声帯に関連する筋肉の柔軟さを育ててくれると同時に、声帯の閉鎖を助け息漏れ状態も解消してくれるのです。

動画で紹介している「ギの駄目な例」のように、「ギ」を強く発声してしまい、高音部分で声を詰まらせてはこのトレーニングの効果がなくなってしまいますので注意して下さい。

もう一つ注意点を説明しておきます。

特に「no extend」の方に多いのですが、高音部分で最初はどうしても息漏れを起こしてしまうと思いますが、この場合は大丈夫です

そのままトレーニングを続けて下さい。

単純にまだ、ファルセットで声帯を閉鎖する(ヘッドボイスを出す)筋肉が足りていないだけなので、正しい参考音源の高音部分をイメージしながらトレーニングを続けていただけると筋肉が育ち息漏れが徐々に解消されていきます。

ヘッドボイスと身につけるボイストレーニング 』

  • 「ギ」という言葉を使い、ファルセットを強化し息漏れ状態を解消しましょう!
  • 高音部分で声が詰まらないように注意しましょう!
  • 最初は高音部分で息漏れがおきても大丈夫です、そのままトレーニングを続けて下さい!

ミックスボイス身につけよう!

ミックスボイスを身につける為に克服しておかないといけない症状を解消し、ヘッドボイスを身につけたらいよいよミックスボイスを身につける段階に入ります。

ミックスボイスを身につける為の最終関門は「喚声点」を克服する事です。

今までご紹介してきた内容をクリアし、これを克服してしまえば、もうあなたは未熟なりにもミックスボイスを身につけた事になります。

後は、身につけたミックスボイスの精度を上げていくだけなので、最後まであきらめずに頑張って下さいね♪

喚声点を克服しよう!

さて、ここでまた新たな言葉が出てきました。

「喚声点」とは一体何のでしょうか?

まずはその説明からさせていただきますね。

喚声点とは、声が切り換わるポイントの事を指します。

図を見て下さい。

喚声点のイメージ1

ミックスボイスを身につける時に出したイメージ図ですが、チェストボイスとヘッドボイスが触れ合っている所に赤い丸がついていると思います。

これはどういう事かと言いますと、チェストボイスを出す為の声帯や声帯に関連する筋肉、ヘッドボイスを出す為の声帯や声帯に関連する筋肉が互いに作用し合っている事を意味します。

今までの説明で、チェストボイスとヘッドボイスでは声帯や声帯に関連する筋肉の動き方が違う事を説明していきました。

この赤い丸のポイントは、チェストボイス、ヘッドボイスそれぞれの声帯や声帯に関する筋肉の働き方が、まるで綱引きのようにお互いを引っ張りあっている事をイメージしています。

そして、個人差があるのですが、黄色で網掛けした地点がチェストボイス、ヘッドボイスそれぞれの作用の綱引きが激化するポイントです。

喚声点を克服しておらず、、スムーズにチェストボイスからヘッドボイスへと声帯や声帯に関連する筋肉の動かし方へ移行できない方は、下に紹介する「喚声点が存在している人の参考音源」のように途中で声が裏返ってしまったり、声が震えてしまったりします

この喚声点を克服する事がミックスボイスで歌う為の最終関門になりますので頑張っていきましょう!

喚声点を克服する為のボイストレーニング

喚声点を克服する為には

チェストボイスとヘッドボイス、、それぞれの声帯や声帯に関連する筋肉のバランスを整え、音程が上下するとともにスムーズに移行させていく技術を身につける必要があります。

まずは動画をご覧ください。

ここでは「オー」という言葉を使い、低い音から高い音まで声を切らずに発声してみましょう。

最初は途中で声が裏返ったり、震えたりすると思います。
それで大丈夫なので、何回も何回もこのトレーニングを続けて下さい。

参考動画のように、声が裏返る地点や震える地点になったら音程を変えるスピードを落とし、そのポイントを集中して、音を上下させるのも効果的です

声の裏返りや震えが大きくでてしまう人は参考動画のように、小さい声で始めたり、息をたくさんふくませた声でトレーニングをしましょう。

これで慣れてきたら少しずつ声を大きくしていきましょう!

喚声点を克服する為のボイストレーニング

  • 「オー」という言葉を使い、低い音から高い音まで声を切らずに発声しましょう。
  • 最初は途中で声が裏返ったり、震えたりしますがそのままトレーニングを続けて下さい。
  • 声の裏返りや震えが大きくでてしまう人は小さい声や息を大量に含ませた声から始めましょう。
次のページのご案内
サブコンテンツ

このページの先頭へ