【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法

ミックスボイスイメージ

【このページは連載コラム「【まとめ】ミックスボイスを習得して高い声で歌う方法」の一部のページです】

連載ページ一覧


「高い声が出ない!」
「もっと高い声を出したい!」
「高い声になると声がひっくり返ってしまう!」
「高い声が出るけれども叫び声みたいになってしまうし、苦しくて声が安定しない!」
「高い声が出るけれども裏声で、か細い声しか出ない!」

などなど・・・

性別やその人の生まれ持った声の質や生活環境の中で症状は人それぞれちがいますが、高音発声に関して問題を抱えている方が多くいらっしゃいます。

ボイストレーナーをやっていても生徒さんから「自由自在に高い声を出したいです!!」とリクエストされる事がとても多いです。

高い声で強くも柔らかくも自由自在に歌えるようになる為にはミックスボイスの習得は避けては通れない道になります。

しかし、ミックスボイスという言葉自体は有名なのですが、その詳細や本質を理解するには、必要最低限の専門的な知識が必要になります。

そして、ミックスボイスを習得するにはいくつか壁があり、ミックスボイス習得の段階に入る前に身につけておかないといけない声の種類がいくつか存在します。

また、人によってミックスボイスを習得する為のトレーニング方法や順番も違いますので、その人その人にあった適切なトレーニングを適切な順番で行う必要があります。

なのでこのコラムでは

  • そもそもミックスボイスとは何なのか
  • 最低限の声帯に関する知識
  • ミックスボイスを習得するにはどのようなプロセスを踏まないといけないのか?
  • 症状別に詳しく解説し、あなたがミックスボイスを習得する為には、どのようなトレーニングをどのような順番で行わないといけないのか?

といった内容をできるだけ分かりやすく簡単に、でもしっかり理解しトレーニングができるように書かせていただきたいと思います。

一部、専門用語や人体の構造に関する説明が出てきますが(特に声帯に関しての説明で)、ミックスボイスを習得し、高い声で強くも柔らかくも自由自在に歌えるようになる為には避けては通れない道なので苦手意識を持たずにしっかり読んでみてください!

そもそもミックスボイスとは?

「ミックスボイス・・・」

ここ数年で日本でもボイストレーニングのレベルが上がってきまして、高い声で自由自在に歌う為にはミックスボイスを習得すればいいという考え方が主流になってきています。

みなさんの中にも人からミックスボイスという言葉を聞いたり、インターネットで調べたり、ボイストレーニングの本を読んだりして、その存在自体を知っている人は少なくないでしょう。

しかし、ミックスボイスに関する正しい知識をお持ちの方は意外と少ないと思います

なぜならミックスボイスを習得するための知識を全て網羅し、体系立てて説明しているサイトや書籍が少ないからです。

そして、ミックスボイスを考える前に知っておかないといけない最低限の知識が多数存在します

まずは、そちらの説明から始めていきましょう。

基本的な声の種類を知る

いきなりですが、ミックスボイスとはいったい何なのでしょうか?

先に結論からお話ししますね。
それは「チェストボイス」と「ヘッドボイス」を柔軟に活用させた状態の声をミックスボイスと言います。

さてここで「チェストボイス」と「ヘッドボイス」という新しい言葉が出てきました。

まずは、それをふまえたミックスボイスを習得する為に必要不可欠な4つ声について解説した動画を見ていただきましょう

チェストボイスとは

チェストボイスは

  • 地声(じごえ)
  • 胸声(きょうせい)

などと表現される事もありますが、同じものだと考えて下さい。

チェストボイスの特徴としては

  • 低音~中低音で主に活躍する
  • 大きく迫力のある声が出やすい

になります。

また、動画でも紹介していますが、チェストボイスが息漏れてしている声の事をローボイスと言います。

ヘッドボイスとはヘッドボイスとは

ヘッドボイスは

  • 頭声(とうせい)

などと表現される事もありますが、同じものだと考えて下さい。

ヘッドボイスの特徴としては

  • 高音~超高音で主に活躍する
  • 柔らかく美しい音色

になります。

ただし、同じように表現されやすいファルセットとは別物だと考えて下さい

ファルセットは「裏声」とも表現されています。

先に説明した「チェストボイス」の息漏れを起こしている声の事が、「ローボイス」なのに対して、「ヘッドボイス」の息漏れを起こしている声の事が「ファルセット(裏声)」になります。

ファルセットとは

ヘッドボイスとファルセットの違いを理解しにくい人が多いので、詳しく説明しておきましょう。

ファルセットとは、息漏れを起こしているヘッドボイスの事を言います

息漏れとは声の中に息が混じっている状態を言います。

そして、先に紹介した動画でヘッドボイスとファルセットを聞き比べてみて下さい

ヘッドボイスは柔らかく美しい音色なのですが、しっかりと声が聞こえますよね。
それに比べてファルセットは息の声が聞こえてくるのが分かると思います。

そして、ボイストレーニングを受けていない大半の方はファルセットしか出せません
そして、ミックスボイスはチェストボイスとヘッドボイスをミックスさせたもの。

なので、ミックスボイスを獲得する為には、まずファルセットを強化し、ヘッドボイスを獲得する必要があるのです

※ファルセットを強化し、ヘッドボイスを獲得するトレーニングなどは後ほど紹介させていただきますね!

ミックスボイスとはチェストとヘッドボイスを柔軟に活用させた状態の声

さて、これまでで、ミックスボイスはチェストボイスとヘッドボイスを柔軟に活用させた状態の声

そして、ボイストレーニングを受けた事のない大半の方はヘッドボイスを獲得していないので、ファルセットを強化し、ヘッドボイスを獲得する必要があるという事を理解していただいたと思います。

次はチェストボイスとヘッドボイスをどのようにミックスさせるのかイメージを掴んでおきましょう。

世間一般的には上の図のように低い音程ではチェストボイスを使い、高音部分ではヘッドボイスを使う。

そして、そのつなぎ目部分でミックスボイスを使うと表現されている事が多いのですが、今からミックスボイスを習得する生徒さんに関してはあえて違うイメージを持っいただきたいと思います

それは下記の図のようなイメージです。

ミックスボイスイメージ2

低い音であれろうが高い音であろうが、全てチェストボイスとヘッドボイスをミックスしていく

ただし、音の高さよってチェストボイスとヘッドボイスの割合を変えていく。

ボイストレーナーとしての経験上、このイメージをした方がこれからボイストレーニングを始める人はミックスボイスの習得する時間が、はるかに早くなります。

次のページのご案内
サブコンテンツ

このページの先頭へ