咽頭腔共鳴を鍛える基礎ボイストレーニング

今回の動画講座では、人体にある共鳴腔の内の咽頭腔共鳴を鍛えるボイストレーニングに関してお話しさせていただきたいと思います。

咽頭腔共鳴は主に低音発声時に活躍する共鳴腔で声に深みを加える効果があるのですが、喉仏を下げる筋肉を鍛えるトレーニングでもあるので、高音発声を鍛えるトレーニングも兼ねていますので頑張ってみて下さい。

咽頭腔共鳴のトレーニングのポイント

  • 咽頭腔共鳴を鍛える事により、低音が強化される上に高い声も出やすくなります
  • 咽頭腔を鍛えると声量アップにも繋がります
  • 動画中にボイストレーニングの方法を紹介しています
  • 動画の最後に注意点も話していますのでぜひご覧ください

咽頭腔共鳴のトレーニングで話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさん、どうもこんにちはボイストレーナーの宇野です、小室です。

よろしくお願いいたします!

【宇野】:本日の動画講座は共鳴腔の中の1つ、咽頭腔に関する説明とボイストレーニングに関してお話ししたいと思います。

今回の動画講座ですが、どんな方に向けてお話しをさせていただくかと言うと、1つは低音が苦手な方、低い声が出せないよ~という方です。

特に女性の方が多いですかね、女性は普段から低い声を使う事はないので苦手な人が多いです。

もう1つが、高音を強くしっかりと出したい方です

咽頭腔共鳴を鍛えると、高音がしっかりと伸びるようになります。

なぜ、高音が伸びるかと言いますと、咽頭腔共鳴を鍛えるボイストレーニングは喉仏を下げるトレーニングが主体になります。

高音部分で過剰に喉仏を上げてしまうhigh liftの方は、喉が詰まってしまい声が潰れてしまいます。

それを、喉仏を下げる筋肉を鍛え、高音部分でも喉仏を下げる事ができれば、声が潰れる事なく、高音が伸びていきます

後、色々なボイストレーニングの本やwebサイトでも書かれていますが、「低音が出せるようになると高音も伸びるようになりますよ」とか「地声を伸ばすと高音が伸びますよ」とありますが、それらの理由が今説明したメカニズムになります。

そして、低音の強化ももちろんそうですし、声を響かせる空間の強化にもなりますので声量のアップにも繋がります。

では、その咽頭腔に響かせた声はどのような声なのかという事を、極端な例でやっていきたいと思います。

今僕が話している声も、少し咽頭腔に響かせているのですが、今の話し声は口腔よりで少し咽頭腔に響かせていると思って下さい。

この声を咽頭腔側に下げると、こういう感じの声になります。

「(咽頭腔に声を響かせた実演)」

今のこの声は咽頭腔側に声を響かせて、息漏れも起こしているので、「ロウ ボイス」と僕達は定義しています。

低音のドスのきいたような声、このような声を出す事を今回は目指していただこうと思います。

さて、具体的なボイストレーニングの方法を紹介させていただこうと思うのですが、今回は2つ説明させていただこうと思います。

一つは「バビブベボ」の「ボ」を使ったトレーニングになります

「ボ」という言葉を使い、自分の出せる限界の低音まで出してみる。

「(「ボ」を使ったトレーニングの実演」)」

例えば、高い所、女性の方でしたら

「(「ボ」を使ったトレーニングの実演2」)」

低い音を出すと、咽頭腔側に共鳴がいきやすいかな~と思います。

どうしても鼻腔側に声を共鳴させている方が多いので、

「(「ボ」を使ったトレーニングの駄目な例実演」)」

このように、低音で咽頭腔に共鳴を落としきれず、「ポ」になってしまう人が多いと思います。

そこを、しっかり「ボ」という言葉をキープしながら音程を落としていきますと、響かせる音を下の方に引っ張っていってあげるというという所になります。

この、声を響かせる場所という考え方自体、ピンと来ない方も多いと思います。

なので、もう一点、次の「ドッグブレス」というボイストレーニングをご紹介させていただきたいと思います。

「ドッグブレス」ですが、腹式呼吸ができているという事を前提にお話しをさせていただきます。

腹式呼吸に関して分からない方は、他のコラムや動画でご紹介させていただいておりますので、そちらをご覧になっていただければな~と思います。

では、やってみたいと思います。

みなさん、犬をイメージしてみて下さい。

そして、息を吸って・吐いてをしてみしょう。

「(ドッグブレス実演)」

このように息を吸ったり吐いたりを繰り返すのですが、これを乾燥した場所で行うと喉が乾燥してしまうので注意をしていただきたいのですが。

このトレーニングは腹式呼吸を使った発声にもつながってきます。

お腹に力を入れて膨らましたままで息を吸ったり吐いたりしてください。

お腹に、力を入れずに行うと吸った時にお腹が膨らんで、吐いたときにお腹がへこんだりするのですが、慣れてくると、お腹を膨らませたままドッグブレスができるようになります。

お腹を膨らませたままドッグブレスができるようになると、咽頭腔側で声を発声できるようになってきます。

もしくは、息が通るたびに冷たく感じる・乾く部分が喉のあたりだと思うのですが、そこに響かせるイメージを持ってみて下さい。

最初は声が出づらいと思います。

咽頭腔を使う事が苦手な方は全然声が出ない事もあると思いますが、このドッグブレスを使った息に低い声を混ぜていく

「(ドッグブレスに低い声をのせた実演)」

こういう声を出せるようになる事をまずは目指してください。

そして、最初に紹介した「ボ」のトレーニングも再度行っていただくと咽頭腔側に響く感覚を掴みやすいと思います。

最初の内はドッグブレスと「ボ」のトレーニングを交互にやりながらトレーニングをしていただければと思います。

そして、喉仏を下に引っ張るイメージ、よくあくびをする喉というように例えられますが

「(あくびをイメージして咽頭腔を下げる実演)」

このイメージをすると喉仏が下がりやすいのですが、かつ喉仏を下げる筋肉をしっかり鍛えていき、ドックブレスや「ボ」などのトレーニングを行う。

そして、少しずつ「ボ」で音程を加えていけるようにすれば、咽頭腔の共鳴が認識できるようになるのではないかと思います。

今回は咽頭腔のお話しを中心にさせていただきました。

鼻腔や口腔などの他の共鳴腔に関してはまた別の動画でお話しさせていただきたいと思います!

【小室】:あ、今回の咽頭腔の動画で何点か陥りがちな注意点に関して説明してもいいですか

今、宇野さんが紹介して下さったドッグブレスのトレーニングをやろうとすると、舌に過剰に力を入れてしまい、舌が奥に引き込まれてしまい、巻き舌の状態になってしまう人もいます。

なので、そのような状態に陥ってしまう人は、舌を下の前歯にちょこっとあてて、奥に引き込まれないようにする。

そして、舌が盛り上がらないように舌の奥を下げるイメージをすると、舌の奥と喉仏の上下は連動していますので、喉仏も下げやすくなります。

宇野さんが紹介して下さったトレーニングを行う時に、舌の位置も気を使っていただければ適切なフォームで練習できますので頑張ってみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ