鼻腔共鳴を鍛える基礎トレーニング

今回の動画講座では、主に高音部分で使い、声にハリとブライトさを付け加えてくれる鼻腔共鳴を鍛えるボイストレーニングを紹介させていただこうと思います。

鼻腔共鳴が苦手な人でも、行えるボイストレーニングや日常生活などで意識するといいポイント。

また、鼻腔共鳴を強化する際の注意点なども話していますのでぜひご覧ください。

鼻腔共鳴のトレーニングのポイント

  • 鼻腔共鳴は主に高音部分で使い、声にハリとブライトさを付け加えてくれます
  • 相槌をうつ時など、日常生活の中でも意識する事によって鼻腔共鳴を強化する事ができる
  • 人によって鼻腔共鳴が得意な人と咽頭腔共鳴が得意な人がいますので、自分はどっちなのかを知る事も大切です
  • 鼻腔共鳴を強化する基礎トレーニングは「ン」という言葉を使います
  • 鼻腔共鳴を鍛えるトレーニングばかりやりすぎると、弊害が起こる事もあるのでその他のトレーニングもバランス良く行いましょう

鼻腔共鳴のトレーニングで話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさん、どうもこんにちはボイストレーナーの小室と宇野です。

よろしくお願いいたします!

さて、本日の動画講座ですが声を響かせる事ができる共鳴腔「鼻腔」「口腔」「咽頭腔」の中の主に高音部分で使い、声にハリとブライトさを付け加えてくれる鼻腔共鳴 を鍛えるボイストレーニングを紹介させていただこうと思います。

鼻腔共鳴ですが、鍛えていくとどのような効果があるのかという事をおさらいしておきましょう。

鼻腔は高音部分に適した共鳴腔なので、高い声が出やすくなります。

また、鼻腔に響かせると声の抜けも良くなってきますので、歌声にブライトさが加わり、歌唱表現的には「嬉しい」とか「楽しい」といった感情を表現する時に適した声になりますので鼻腔共鳴を扱えるようになると表現の幅も広がってきます。

そして、ボイストレーナーをしていて日々感じている事なのですが、その人が生まれ持った骨格であったりとか、普段の話し方の癖などで、鼻腔共鳴が得意な人・咽頭腔共鳴が得意な人と分かれています

今回は私が鼻腔共鳴のボイストレーニングを紹介させていただくのですが、私は鼻腔共鳴が苦手な方でした。

なので、鼻腔共鳴に関してはかなり自分でもトレーニングしましたので、できるだけ分かりやすく、苦手な人でもできるような初歩的なトレーニングから紹介しようと思っています。

まず第一になんですが、日頃の会話の中でうなづく時とかに「ン」という言葉を使っているのですが、これも鼻腔共鳴の強化になります。

「(鼻腔強化の「ン~」の実演)」

ちょっとかわいらしい感じにはなってしまうのですが、これは日常の中で行える鼻腔共鳴を鍛えるボイストレーニングになります。

あいづちをする時に鼻を鳴らすという事を意識してみて下さい。

ただ注意していただきたいのが、宇野さんは生まれながらに鼻腔共鳴が得意だったらしいのですが、「自分が鼻腔共鳴が得意だな~」という人は逆に鼻に声が詰まってしまうのでそこまでやらないで下さい

【宇野】:そうですね。

逆に僕みたいに鼻腔共鳴が得意な人は咽頭腔共鳴が苦手なので、普段の生活から咽頭腔共鳴を使う意識をした方がいいですね

【小室】:そうなんです。

これも僕と宇野さんで話しをしていたのですが、僕は鼻腔が苦手なので普段から鼻腔共鳴を意識している。

そして、宇野さんは咽頭腔共鳴が苦手なので普段から咽頭腔共鳴を意識している。

こういう風に日常生活での声の出し方を意識するだけでも共鳴腔強化のボイストレーニングになるのでぜひ試してみて下さい。

では具体的なボイストレーニングを紹介していきましょう

先ほどの「ン~」もそうなんですけれども、鼻腔共鳴を鍛えるトレーニングは鼻を鳴らすトレーニングが主体になってきます。

ボイストレーニング初心者の方には分かりにくいかもしれませんが、口を開けたままハミングをしてみましょう。

ハミングとは鼻歌みたいなものなのですが、「(口を開けたままハミングをするトレーニングの実演)」

これは何をしているのかと言いますと、鼻と口が繋がっている軟口蓋、風邪をひいたときに鼻水がたれてくるブヨブヨした所なのですが、そこをキュっと閉めています。

そして「ン」に濁点がついたような音を作るのですが、まずはこれをできるようにして下さい。

この口を開けたままのハミングですが、意外とできない人が多いです。

「(口を開けたままのハミング失敗例の実演)」

このように、しっかりと軟口蓋を閉める事ができず「ハー」に近い音を出してしまう人がいます。

そういう人ができるようになる為に、僕がよく使っている方法が「みかん」であったりとか、最後に「ん」が付く言葉、他には「わおん」などを最後の「ん」を強調しながら口を開けたまま「ん」のハミングをするとコツを掴みやすい人も多いので試してみて下さい。

後は、歌声にした時にそこまで過激にやってはいけないのですが、あくまで鼻腔共鳴の感覚を掴むためだけに、鼻の中に声を入れ込み「ん~」と声を出してみるとコツを掴みやすいです。

そして、口を開けたままのハミング「ン」で響きを作った後に「ア」に変える。

「(口を開けたままのハミング「ン」から「ア」に変える実演)」

そうする事によって、「ン」でためた響きを他の言葉でも響かせる事ができるようになります。

「ン」と鼻腔に響きの種を埋め込んで「ア」という言葉にした時に鼻腔や後頭部パッと花を咲かせるイメージですね。

このトレーニングですが、音が低すぎたり、あまりに高い音でやると難易度が上がってしまうので、出しやすい声よりやや高めぐらいを狙っていただけるとやりやすいと思います。

もう一つトレーニングを紹介しますと、先ほど紹介をした相槌をうつように「ン~」と声を出す。

そして、「ン~」で響きを作った後に「マ」に変える。

「(「ン」で響きを変えて「マ」に変えるトレーニングの実演)」

このようにすると、鼻腔側に声がいきやすくなります。

そして、これらのトレーニングはバランスよく行って下さい

と言いますのも、「ン~」と響きをためる動作は、声帯の閉鎖を強める効果もあります。

なので、このトレーニングだけを過剰に行ってしまうと、声帯の閉鎖を過剰に強めてしまいますし、high lift、喉仏を過剰に上げてしまう症状も誘発しやすいです。

なので、これらの鼻腔共鳴を鍛えるトレーニングとセットにして、宇野さんが紹介している咽頭腔を鍛える共鳴のトレーニングも並行して行って下さい。

最後に宇野さんともよく話しているのですが、日常生活の会話の中でも「ありがとう~」のような言葉は鼻腔共鳴を意識して出しみる。

そして、「疲れたな~」などの言葉は咽頭腔共鳴を意識して出してみる。

これらを意識するだけでも、「ボイストレーニングをやるぞ!」と構えなくても、日常生活の中で共鳴腔を鍛える事ができますのでまずはそこから始めていただいてもいいと思います。

それぞれの共鳴腔を鍛えるトレーニングは他の動画でも紹介していこうと思いますが、今回はここまでにしようと思います。

それでは次回の動画も楽しみにしていて下さいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ