ビブラートのかけ方シリーズ!!息の量を変えてビブラートをかけてみよう

今回の動画講座はビブラートのかけ方第二弾になります。

前回は音程を揺らしてかけるビブラートだったのに対して、今回は息の量を変えて行うビブラートのかけ方になります。

また、ビブラートは色々なかけ方をミックスしてかける事もでき、その事についても説明していますのでぜひご覧ください。

息の量を変えてビブラートのポイント

  • 息の量を変えて行うビブラートを身につける為にはロングトーンの練習も必要です
  • 歌手の中には、多種多様なビブラートを使い分けている人もいる
  • ビブラートのかけ方をミックスする事もできる
  • まずは、やりやすい母音で練習し、最終的には全ての母音でできるようになって下さい

息の量を変えてビブラートの動画講座で話している内容

ボイストレーニングエクスプレスをご覧のみなさんこんにちは、ボイストレーナーの宇野と小室です。

よろしくお願いいたします。

【宇野】:今回はビブラートのかけ方第2弾をお送りしたいと思います。

ビブラートは前の動画講座でも色々ご紹介させていただいていますが、歌の技術に一役かってやろう・・・・・・・・・・・・

そんな技術です!!(笑)

【小室】:(笑)

【宇野】:そんな、歌唱表現をグッと高めてくれるビブラートですが!!

【小室】:あ、そのまま進めちゃいます、撮りなおしましょうか(笑)

【宇野】:いえ、このままいきましょう!

【小室】:まあ、こんな一面もみなさんに見ていただいて(笑)

【宇野】:はい!

では、早速ビブラートのかけ方動画第二弾がどんなものかやっていきましょう。

前回のビブラートのおさらいはやった方がいいでしょうかね?

【小室】:やらなくてもいいんじゃないですかね~

【宇野】:はい、では気になった方は前回のビブラートの動画もご覧ください。

前回は音程を変えるビブラートをご紹介したのですが、今回は言葉を連続して言うイメージを持ち、息の量を変えて行うビブラートをご紹介したいと思います。

ビブラートのかけ方として、この方法が紹介されている事が多いですね。

(「言葉を連続して言うイメージを持ち、息の量を変えて行うビブラートの実演」)

今、言葉を「あ、あ、あ、あ、あ」という風に息を伸ばしながら言うイメージを持っています。

これはロングトーンがしっかりできていないと厳しい所はあるのですが、ロングトーンがしっかりとできている状態だとやりやすいのではないかと思います。

このビブラートですが、どの音程でも出やすいという特徴があります

音程を揺らすビブラートですと、高い音であったり、苦手な音の高さだとやりにくかったりするんですけれども、このビブラートは万能です。

その分、みんなが使っているようなシンプルなビブラートと言いますか、ポップスなどの歌手の方が多く使われています。

今回紹介しているビブラートのみを使っている歌手や前回紹介した音程をゆらすビブラートのみを使っている歌手。

またはそれらを使い分けたり混合して使っている歌手もいますので一種類だけにこだわらず色々なビブラートのかけ方を試していただければな~と思います。

例えば、息の量を変えて行うビブラートと音程を変えるビブラートを混ぜてビブラートをかけてみましょう。

「(息の量と音程を変える方法を混ぜたビブラートの実演)」

すると、このように迫力のあるビブラートで歌う事ができるようになります。

このようにビブラートは色々アレンジをする事ができるので、みなさんも色々試してみて下さい。

小室さん、他に何かありますか?

【小室】:大丈夫だと思います。

【宇野】:はい。

では、ご質問であったり、動画の冒頭のしくじり具合など、ご意見のある方は動画のコメント欄にコメントをいただければと思います(笑)

【小室】:では、息の量を変えて行うビブラートの練習方法だけおさらいしてもらってもいいですか?

【宇野】:はい。

まずは純粋にロングトーンで「あ~」と音を伸ばします。

ここに対して途中で「あ、あ、あ、あ」と言っていく。

そして、「あ、あ、あ、あ」と言うスピードを速くしていく。

これも練習方法はいたってシンプルです。

そして、このビブラートの練習も全ての母音「あ、い、う、え、お」で練習して下さい。

では、今回の動画は以上になります。

ビブラートのかけ方は、まだもう一種類ご紹介しようと思いますのでぜひご覧ください。

ありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ